イタリアの花と美術の歴史の関連性

イタリア、ルネサンスの中心都市フィレンツェでは、15肚紀後半からに。房による組織的な制作活動か盛んになり、数多くのすぐれた芸術家が育成された。彼らは互いに切磋琢磨しあうなかで、工房の廁。的な様式を越えた衣現を探求し、やがて「マニェラーモデルナ(新しい様式)」と呼ばれる16世紀のぷf越した新時代様式が開花する。 本編では、世界的に名高いウフィツィ美術館の収蔵品を通して、15世紀から17世紀にかけてのフィレンツェ美術の流れ。メディチ家のコレクションを核に設なされた術館は占い歴史を持ち、ルネサンスを代表する。ボッティチェリの多くの作品を所蔵する美術館としても知られる。ボッティチェリの代表作「バラスとケンタウルス」をはじめ、その時代を牽引した主要な作品を通じ、多様なフィレンツェールネサンスの神髄に迫る。
「街」や「花」という身近なテーマを出発点としながら、素付や手法、形との関係性の新たな発見を秘めており、その而白みを作品に引き出している。川崎さんの陶のオブジェ「街」や「匣」は家の形を組み介わせ、「街並みのある風景」を表す作品だ。構成のアイデア次第で都会の一隅であったり、城塞都巾を思い起こさせたり、発掘された遺跡を連想させたりと、趣きが異なるのが魅力。自い化粧上の貿感や暗示的に示された窓、階段、路地が作品空間の中へと誘う。 一方、カゴ作家の関島さんは1975年からニューヨークに在住。アメリカの現代工芸の潮流に刺激を受け、以前より制作していたカゴの表現を追求し、独自の衣現方法、造形感を確立させた。クルミやフジ、ヤナギなどを使い、それぞれの野性昧を際なたせ、造形化する。素材の空間性を突き詰めカゴの概念を抽象化させたユニークな造形は、国内外で高く評価されている。本展では両氏それぞれ約25点の作品展示を行う。
全世界の女性から愛され続け、今もなお絶大な人気を誇るパイプランドの創始者にして、伝説のファッションデザイナー、イヴーサンローラン。過去の常識を打ち破る革命的なコレクションでファッションの歴史を磑り裃え、「モードの帝王」と讃えられた。 エレガンスとは縁の無い中産階級の家庭に生まれたサンローランが、いかにして眩いまでに光り輝くキャリアを築きあげたのか?生涯のパートナーとめぐり逢っても、なお埋められなかりた孤独とは?華麗なクリエーションに秘められた壮絶なまで
の創造の苫しみとは?。大才の知られざる人生の、喝采と孤独を描く、感動の物語が完成した。 本年1月にフランスで公開されるや、初登場ナンバーワンヒットを記録。アカデミー賞を賑わせた作品たちを制するという快挙を成し遂げた。人々を熱狂させた理山のひとつに、Aイヴーサンローラン財団初公認作品Vの柞―があった。公私ともにサンローランのパートナーだったピエール・ベルジェが全面協力し、財団所有のアーカイソ衣装を貸し出したのだ、本物の衣装に彩られた映像で、ひとつの時代を作った人物の真実に迫る必見の話題作が、ついにやってくる。スタンド花